酒と魚とゆかいな仲間達

八百新酒造㈱の蔵人たちでお酒のことや身近な出来事をグダグダと書きつらねていきます。

プロフィール

s.minagi

Author:s.minagi

FC2カウンター

ポチっとお願いします^^

雁木でございます

ちょこっとだけ釣行記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 瓶燗火入れ

110510_瓶燗1

これなんだと思います?酒造に興味がある方はすぐにわかると思いますが。。

本日は1日かけて『瓶燗火入れ』を行っているところです。

火入れ(ひいれ)とは搾った酒を加熱して、火落菌(ひおちきん)と呼ばれる貯蔵中の酒を白く濁らせ、

味の劣化を招く恐れのある乳酸菌の一種を殺菌したり、酒を搾った直後でも勢いがあり、

熟成を進み易くしてしまう酵素の働きを止めるため行う加熱殺菌のことを差します。

蛇管(じゃがん)と呼ばれる熱交換器を使用し、温度を60から65度位に保った管の中に酒を通し、

急冷する加熱殺菌が一般的ですが、当蔵の火入酒はほとんどこうやって(雁木にいたっては100%)

手作業でお酒を瓶に入れ湯煎殺菌を行う「瓶燗火入れ」を行っています。

110510_瓶燗2

お酒を65度まで上げたのちプールから出して1本1本打栓をします。

打栓を終えると今度は水で急冷します。そうして各行程を終えたのち出荷まで低温貯蔵します。

110510_ 瓶燗・急冷

手間がかかって大変ですが、それだけ愛情を込めた価値のあるお酒をお届けしたい

我々のこだわりでもあるのですなぁ~。。

でも・・・。

これから夏場に向けての瓶燗は地獄です。なんせ風呂場の中で作業しとるようなもんですもん。

作業終了後はパンツ  までグッショリです 

まぁダイエットにはいいかも。。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。