酒と魚とゆかいな仲間達

八百新酒造㈱の蔵人たちでお酒のことや身近な出来事をグダグダと書きつらねていきます。

プロフィール

s.minagi

Author:s.minagi

FC2カウンター

ポチっとお願いします^^

雁木でございます

ちょこっとだけ釣行記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 8/29は「焼肉の日」で雁木の会

周南市の中嶋酒店さん主催で「焼肉と雁木の会」が催されました。
焼肉
ナイツが参戦。










こちらも内脂肪増大ちゅう~・・・
スポンサーサイト
  • 蔵の改装⑫

まだまだ暑い・・・

ハツリ0830_convert_20120831111612
ハツって水道管の工事。




そういえば先日・・・事務員の送別会でした。
送別会2_convert_20120831112405
西庵さん

送別会1_convert_20120831112312
鱈腹呑んで喰って・・・

送別会3_convert_20120831112458
二次会はピザにカツサンド・・・


暑いのは内脂肪が原因か・・・???
  • 9月イベントスケジュール

9月のイベント予定です。

・9月2日(日)「料理と酒を楽しむ君嶋会」新横浜・半蔵屋

・9月4日(火)「雁木の会」北千住・日本酒宿 七色

・9月6日(木)~12日(水)「雁木試飲会」横浜・京急百貨店上大岡

・9月17日(月)「日本酒ラバーズ神戸2012」神戸・サンボーホール

・9月23日(日)「尾道酒まつり」広島・尾道旧商工会議所記念館広場

・9月26日(水)「ひやおろしの会」広島・ANAクラウンプラザホテル

今のところ参加が決定しているイベントです。
お近くの皆様、お待ちしています。


















もう9月か・・・・24BY酒造着手やね。



  • 蔵の改装⑪

順調に蔵の改装は進んでいます。
蔵の土壁2_convert_20120820124620
↓          ↓          ↓
室への階段_convert_20120827111014
室へ上がる階段の土壁




蔵の土壁1_convert_20120820124522
↓          ↓          ↓
蔵の新壁convert_20120827111128
本蔵へ出入り口の土壁




タンク塗装convert_20120810100209
↓          ↓          ↓
タンク塗装後convert_20120827111220
そしてタンクを6本塗装しました。



あとは本蔵のメインと直売所かね?
  • 雁木 ひやおろし

「秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる」
まだまだ暑いですが・・・・暦の上では秋。
お酒も“ひやおろし”の季節がやってきます。

当社では9月3日(月)発売が決定しとります。
ひやおろし2012_convert_20120824143257
お蔭様で純米・純米吟醸の1.8L、720mlいづれも予約初回出荷分で完売しております。


【冷卸し】-yahoo!百科事典-

夏を越した清酒を、秋の冷涼な時季に樽(たる)詰して出荷すること。厳冬につくり、春に火入れ貯蔵した清酒は、秋風がたち、酒の温度が下がって外気温と同じくらいになる10月ごろには熟成して、香味も落ち着き、火落ちの心配もなくなる。この飲みごろの清酒を貯蔵タンクから、そのまま生(なま)詰で杉樽に入れて出荷するのが「ひやおろし」である。清酒は夏を越して熟成してから出荷するのが古くからの習わしであったが、近年は四季醸造が可能となって酒の季節感も失われ、また樽酒も少なくなり、ほとんどが火入れした瓶詰酒となり、酒質の淡麗化など嗜好(しこう)の変化もあって、ひやおろしの評価も変わった。

近年、【ひやおろし】の定義について曖昧になってきていますが・・・。
製造技術や貯蔵技術も進歩して、貯蔵前にも火を入れない
「生」の状態でも熟成出来るようになりました。生のまま熟成させ、
それらもひやおろしとして売られるようになりました。
先ほどの定義のように秋まで熟成させて、程よく味わいの乗ったお酒を総称して
「ひやおろし」と呼ぶようになったようです。
秋とはいっても山口の10月前後は半袖で過ごすような日も多くなり、
しかも四季醸造の蔵も増えて、なにが正しい“ひやおろし”かボヤけているのも事実です。
北日本や昔のように涼しければ生詰めも可能なんでしょうが、
現状では・・・品質、衛生管理上ね・・・

西日本の手造り蔵ができることといえば、
冬の酒造季に、来秋まで寝かせることでさらに美味しくなるお酒を特別に醸して、
出荷までしっかり管理していれば、それが各蔵の【ひやおろし】でいいのかな?と個人的には思っています。



そんな当社のひやおろし
今年のセールスコメントは“艶やか”です



  • 蔵の改装⑩

床面のハツリが始まりました
ハツリ_convert_20120823142922

ハツリ2_convert_20120823154958

小判でも埋まっとらんかの・・・
  • 蔵の改装⑨

今夏の雨は尋常じゃない量が短時間で降ります。

先日、大雨の影響で雨どいがオーバーフローし、江戸時代からの土壁を雨水で削ってしまいました。

蔵の土壁2_convert_20120820124620
もともとあった蔵に併設して建て増しをしているので歪になっています。

蔵の土壁1_convert_20120820124522
ここも改装。一気に蔵がキレイになるでしょう。
  • 久しぶりの青物・・・

久しぶりの釣行記です・・・。

忙しくてなかなか釣りに行ける日がなくて・・・





・・・・んなわきゃない。

「ちゃんと行ってました」

報告するような釣果がなかっただけです

7月末、某E比寿丸にてノーヒット・・・(船中1本も上がらず完全試合達成)
8月初旬、H風にてノーヒット・・・(船中3安打)


そして今回やっとこさ・・・

疾風0817
疾風にて大ハマチ小メジローで2安打。

この日はエサ釣りの方もいたので、午前9時に出港し、サビキでアジ釣りからスタート。
疾風08172_convert_20120820091438
ボーズが続いたので、お土産確保でメバルやらチダイも大事にキープ。

しかし・・・・エサのアジがおらん・・・・

この日も最悪な結末を予想させる、瀬にアジがついてないっちゅう最悪な状況。
ベイトがおらんにゃ、、、青物も遠征しとるんじゃなかろうか・・・。


「予感的中」


同船者がハマチを1本釣ってから海は平和に・・・・・。
ポイント移動中にプチナブラで極小ワカナを1本追加。普段やったら絶対にキープしないが

「確保」

そして時は過ぎ・・・・夕マズメに突入。

港へ向けて帰りがけの最終ポイントへ。

「ここで青物が釣れたことがない」と半ば諦めかけたその時・・・・







「ナブラが出てる!!!」

目と鼻の先で青物がバッサバッサ!

「おお神様、仏様よ・・・」

キャスト、キャストでありがとう♪

久しぶりに青物の引きを堪能させてもらいました。

釣りが嫌いになりかけたが・・・・









「やっぱおもろいわ・・・」




※今回、ご一緒させていただきました“ぐりこさん”http://tuttekuu.jugem.jp/またご一緒しましょう♪
  • 蔵の改装⑧

お盆期間中でございますが・・・

タンク塗装3_convert_20120813151459
さらに削ります・・・。






まだまだ続く・・・
  • 蔵の改装⑦

放冷機の塗装に引続き

タンク塗装convert_20120810100209
タンクの塗装。
ディスクグラインダーで前の塗装を削った後、サビ止めの塗装。
そして~
タンク塗装2_convert_20120810100844
1回目、下地の塗装。



しかし・・・・暑い・・・







まだまだ続く・・・
  • 蔵の改装⑥

2012放冷機_convert_20120803160421
とりあえずサビ止めと下塗りが完了~。。。








しかし、、、暑い・・・・・・・・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。